不登校新聞

407号 2015/4/1

自分にあったバイトをさがす意外な方法

2015年03月31日 15:07 by kito-shin


 私が「アルバイトをしよう」と思い、まず始めに取りかかったことは無料のアルバイト求人誌を読みあさることでした。最初こそやる気マンマンで読みはじめた求人誌でしたが、目に飛び込んでくる情報の多さに早くもゲンナリ。気を取り直して「資格不要」「高校生可」「家の近く」の条件で絞ってみるも、"絞る”どころか選択肢がまったくなくなってしまいました。
 
 仕方なく家の近くというのはあきらめ、「資格不要」の「高校生可」という条件で残った数件に目を通しましたが、どれも接客業などの自分にはできそうにないものばかり。他の求人誌も3冊~4冊探しましたが、結果はまったく同じようなものでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校専用アルバイトマニュアル最終回「働かずに暮らす方法」

411号 2015/6/1

不登校専用アルバイトマニュアル 13年で実働30日。働けない私のいま

410号 2015/5/15

バイト決断から2年働けず 編集長 石井志昂

409号 2015/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...