不登校新聞

409号 2015/5/1

バイト決断から2年働けず 編集長 石井志昂

2015年04月30日 17:39 by shiko


 私は14歳で不登校し、たまたまフリースクールに出会えた。本当にいい居場所だったが、周囲で「バイト」の話が出ると心はざわついた。「バイトをしようと思う」「今月は5万円も稼いだ」。そんな言葉に、私も「やってやるぞ」と鼻息は荒く、目的も具体性もない「バイト志望」の気持ちを固めた。
 

「働く」に こころは乱れ

 
 「まだ14歳だから大丈夫」、そう思って1年がすぎ、迎えた15歳。「働かなければ」と思った。「15歳は法律的に働ける」という事実、それを「働かなければならない年齢」だとかんちがいしていた。「働く」ということを前に、心は前後不覚状態に陥っていた。
 
 しかし15歳になってからも、二の足を踏むこと半年、ようやくバイトに応募した。結果は落選。人知れず落ち込み、「次こそは」と意気込んで、またも二の足を踏むこと半年。今度のバイトは合格したが2日で辞退。この段階で相当に落ち込み、悩み、焦りを深めた。悩みに悩んで「さっさとバイトをしよう」と決心してから、さらに二の足を踏むこと1年。ようやく3件目のバイトを始めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校専用アルバイトマニュアル最終回「働かずに暮らす方法」

411号 2015/6/1

不登校専用アルバイトマニュアル 13年で実働30日。働けない私のいま

410号 2015/5/15

バイトコラム 人に使われたら負けなのか

409号 2015/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...