不登校新聞

351号(2012.12.1)

【論説】青木悦「福島に帰って」

2013年12月20日 18:30 by shiko


福島市に「帰って」から半年がすぎた。はじめの1カ月は引っ越しの片づけに明け暮れた。夏には以前から入っていた岡山、大阪、神奈川などの講演会に出かけた。大津市で「いじめ」事件がクローズアップされていたため、質問や視線の量も増えた。あちこちにまだ段ボールが開かれないまま存在するという、まるで倉庫のようななかですごした。

そんななか、時間を見つけては、東京では味わえなかった土を耕す作業をした。10年ほど前に母が腰の骨を折り、それから庭は荒れていた。土を掘ると大きな石が出てきて、夫はスコップよりもツルハシを握ることが多かった。荒れていたぶん、小鳥が運んだと思われる山野草があちこちに咲き、私はそれがとてもうれしかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...