不登校新聞

210号 2007/1/15

助成する気持ち なぜ助成金を出すのか

2015年11月10日 12:54 by kito-shin
 みなさんにとって「助成金」とはどういうものでしょうか? 一般的にはなじみが薄く、NPOに関わる方々にとっては「宝くじ的な要素」や「事務作業の大変さに閉口」した経験をお持ちの方も少なくないと思います。
 
 今後、数回にわたり「助成金」を提供してきた側の経験から、助成申請をする際に役立ちそうなモロモロの話をしてみたいと思います。
 
 現在、「助成金」としてNPOに資金提供をしている組織は、民間の財団や企業、並びに政府系機関や自治体があります。民間の財団や企業が、なぜ助成金事業を行なうのでしょうか。もちろん、それを一概に言うことはできませんが、「社会貢献の一つとしての資金提供」という認識が広く浸透しています。その目的意識とはどんなものでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育学者・内田良が提唱するwithコロナ時代の教育構想

533号 2020/7/1

学校再開で揺らぐ子どもの気持ち、本音を聞くための3つのポイント

533号 2020/7/1

「学校に行きたくない君へ」17人の著名人が語る不登校とは【書籍紹介】

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...