1966年、「学校嫌い(現・不登校)」を理由に年間50日以上欠席した児童生徒が1万6716人いることが文科省から発表された。以来、文科省は、毎年、調査結果を発表。この50年間で累計300万人以上が不登校をしたことがわかった。

不登校についてもっとも古い研究はアデレイド・M・ジョンソンらが1941年に発表した「学校恐怖症(School Phobia)」。診療所に来所した8人の子どものケースを紹介し、不登校にまつわる研究において、世界的な影響を与えた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。