若手政治学者として注目を集める栗原康さんが著書『はたらかないで、たらふく食べたい』を発刊した。栗原康さんに、ひきこもり情報サイト「ひき☆スタ」と本紙の合同インタビューを行なった。なぜ栗原さんは「はたらかないで、たらふく食べたい」のだろうか。(「ひき☆スタ」サイトで動画も公開中)

 

――栗原さんはご著書で「はたらかないで、たらふく食べたい。これがあたらしい格言だ」と書かれています。どうしたらそんなふうに思えるんでしょう?

もともとそんなに強く思っていたわけではないんです。僕は大学院にかなり長期間通っていたんですけど、そのころは学生という籍があるから、人からやいやい言われることはあんまりなかった。でも、そのあと5年くらい、いっさい仕事がない。いっさいない。週に1コマだけ非常勤講師をして、年収10万円、そういう時期があったんです。

そういうときは親や近所の人、親戚たちから、「やっちゃんは大器晩成型ですかね」なんて、「働け」という意図をこめて言われたりして、やっぱり、「うーん」と思っていたりもしました。もちろん、そうは言っても大学院に行っていたのは、文章を読んだり、書いたりするのがむちゃくちゃ好きだったからです。だから頑として「働かない」ということをやりたいなと、なんかちょっと思ったりして……。だから、もともと働かない意思が強かったわけではないんですよね。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。