不登校新聞

440号 2016/8/15

ひといき 山下耕平

2016年08月13日 13:05 by kito-shin


 昔、数学者の森毅さん(故人)が、本紙インタビューで、こんなことをおっしゃっていた(『この人が語る不登校』講談社2002所収)。

 「信念を持っている教師というのは恐いですね。自分のやっていることを正しいと思ったら危ない。むしろ、自分がいくらか悪いことしていると自覚しないとアカンと思います」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりイベント情報

562号 2021/9/15

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

562号 2021/9/15

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...