不登校新聞

440号 2016/8/15

ひといき 山下耕平

2016年08月13日 13:05 by kito-shin
2016年08月13日 13:05 by kito-shin


 昔、数学者の森毅さん(故人)が、本紙インタビューで、こんなことをおっしゃっていた(『この人が語る不登校』講談社2002所収)。

 「信念を持っている教師というのは恐いですね。自分のやっていることを正しいと思ったら危ない。むしろ、自分がいくらか悪いことしていると自覚しないとアカンと思います」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

9月8日イベント開催のお知らせ「不登校だった大人に聞く 東大卒業生編」

584号 2022/8/15

「わらたねフェス」開催へ

584号 2022/8/15

不登校の相談先「親の会」一覧

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…