昔、数学者の森毅さん(故人)が、本紙インタビューで、こんなことをおっしゃっていた(『この人が語る不登校』講談社2002所収)。

 「信念を持っている教師というのは恐いですね。自分のやっていることを正しいと思ったら危ない。むしろ、自分がいくらか悪いことしていると自覚しないとアカンと思います」。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。