不登校新聞

440号 2016/8/15

かがり火 森英俊

2016年08月13日 13:08 by kito-shin
2016年08月13日 13:08 by kito-shin


 暑い夏の一日を広島ですごしてきた。甥の結婚式でスピーチを頼まれたからだ。人生に必要なものはなにか。昔、高校の卒業アルバムに「人生は、パンと水、涙と笑」と書いていた教師があった。そんなことを思いながら、テーマが決まった。

 人生に大きな意味を持たせるものの一つが食事である。「食」は「人を良くする」と書く。栄養学的にも食事内容によって人はよくなる。「衣食足りて礼節を知る」とも言う。新しく夫婦になる者にとって、食事は同じ時間に同じものを食べ、おたがいに話をし、理解しあう貴重な営みになるだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…