8月18日から10月6日にかけて、京都市内にて連続講座「子どもたちの今を知る」が開催される。主催はチャイルドライン京都。

 チャイルドラインは現在、全国で78団体が開設しており、主催団体もその一つ。開設から10年という節目を迎えた。連続講座は計4回、「いじめ」「思春期の親子関係」「ウガンダの子ども兵」「体罰・指導死」のテーマに基づき、リレー形式で行なわれる。

 子どもから寄せられる電話相談には「親には言えない」「先生には言いたくない」という訴えも多い。主催団体が「子どもたちの今」に焦点を当てたそもそもの理由だ。「うちの子が何を考えているのかわからない」と悩む親も多いことから、重要な視点と言える。

 各回の講師は大学教授やNPO関係者が務める。詳細については、上記を参照のうえ、チャイルドライン京都までお問い合せを。(℡075・343・0370)


■イベント情報
 
日 時 ①8月18日(日)、②9月1日(日)、③9月22日(日)、④10月6日(日)
    ※時間は各回とも午後1時45分~午後3時半
 
会 場 京都市中京青少年活動センター(京都)
    ※③のみ「ひと・まち交流館京都」
 
内 容 ①「いじめと子どもたちの今」
     ②「思春期の親子関係」
     ③「ぼくは13歳職業、兵士」
     ④「体罰・指導死と子どもたちの今」
 
講 師 ①桜井智恵子さん(大阪大谷大学)
     ②菅佐和子さん(関西看護医療大学)
     ③鬼丸昌也さん(テラ・ルネッサンス)
     ④住友剛さん(京都精華大学)
 
参加費 各回1000円(前売り900円)
     全受講の場合3000円
主 催 チャイルドライン京都
連絡先 075-343-0370(FAX兼)