「フリーダス」が子どもの居場所として島根県松江市にできてから、もう15年近くが経った。週に数回、公民館で開いていたころから数えると、かれこれ20年近い。

 いまも昔も10人前後の子どもたちがやってくる、小さな規模で細々と居場所を開いている。昔は、芝居小屋だった建物を借りて、お茶を飲んだり、お菓子をつくったり、ゲームをしたりしていた。いまは週に5日開けている。

 冬にはコタツを出し鍋パーティー、夏には笹巻をつくり、秋にはみんなで植えたお米や芋で収穫祭を開いている。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。