未来の会は、1998年にわが子が学校に行けなくなった母親たち4人が集まり、不安や焦りでパンクしそうになっている思いを語り合ったことが発足のきっかけです。
 
 会の名前はみんなで知恵を絞った結果、「子どもの未来を信じる」という意味をこめて、「未来の会」となりました。
 
 また、さまざまな立場の人とも考えあおうと、参加は親だけにかぎらないことにしましたが、親が安心して話し合える場も大切にしたいので、「午前中は親だけ、午後からはそのほかの人も参加OK」という、現在のスタイルになってきました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。