相談内容「人間関係」がトップ

 2011年度、チャイルドラインにかかってきた電話の内容や件数をチャイルドライン支援センターが発表した。
 
 チャイルドラインへの年間アクセス数は79万9713件(前年度比5万9570件増)。このうち電話がつながった着信件数は20万9126件(1万9361件減)で、無言電話や一言で終わった電話をのぞく「会話が成立した電話」は7万487件(3053件減)。会話が成立した電話の平均通話時間は15分30秒。総通話時間は1万9611時間(859時間増)。時間帯は今年も午後4時台から8時台が9割程度を占めた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。