不登校新聞

340号(2012.6.15)

子どもの声7万件を集計 チャイルドライン

2013年04月23日 12:32 by kito-shin



相談内容「人間関係」がトップ

 2011年度、チャイルドラインにかかってきた電話の内容や件数をチャイルドライン支援センターが発表した。
 
 チャイルドラインへの年間アクセス数は79万9713件(前年度比5万9570件増)。このうち電話がつながった着信件数は20万9126件(1万9361件減)で、無言電話や一言で終わった電話をのぞく「会話が成立した電話」は7万487件(3053件減)。会話が成立した電話の平均通話時間は15分30秒。総通話時間は1万9611時間(859時間増)。時間帯は今年も午後4時台から8時台が9割程度を占めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...