不登校新聞

423号 2015/12/1

「家裁の人」著者 毛利甚八さんのご冥福を

2015年11月27日 15:21 by kito-shin
2015年11月27日 15:21 by kito-shin


ひといき

 毛利甚八さん著「『家栽の人』から君への遺言」。毛利さんから送られたこの本が最後の著書となった。11月21日に亡くなられたのだ。
 
 この本には多田理事が実名で登場している。また、弁護士会が開いた毛利さんの講演会についても書かれている。「講演後の打ち上げ」というくだりがあるが、何を隠そう、ここには私も同席していたのである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…