不登校新聞

313号(2011.5.1)

声「こもり日の運転免許」

2013年06月24日 16:15 by kito-shin


 ずっと前から免許が取れたら祖父(88歳)のローレル(1986年購入)に乗りたいと思っていました。いまは家にずーっといるので思い切って免許を取ることにしました。

 まず学校探しから始めました。近所の人に会わないよう、遠めの教習所を2つ見に行きました。片方はアットホームな感じで、きっと人見知りにはきついなと感じ、やめました。片方も微妙な感じはしましたがとりあえずここに決めました。

 翌日の昼下がりには申し込みに行こうと思いましたが、むちゃくちゃ迷っちゃって夕方に申し込みに行きました。

 教習所を見て初めて知ったのはチャイムや入学式があること。ほぼふつうの学校です。学校に通うのは中学1年以来の10年ぶりでした。

 そしていよいよ最初の技能教習が始まりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...