不登校新聞

443号 2016/10/1

ひといき 小熊広宣

2016年09月29日 11:25 by koguma
2016年09月29日 11:25 by koguma


 先日、妻からのメールに仔猫の画像が添えられていました。野良猫を保護したというのです。しかも「台風が関東直撃か」というさなかでした。

 じつはその5分前、私は落ち込んでいました。1時間かけてつくったデータを全部消してしまったのです。頭を抱えるなかで届いた連絡に思わずニンマリ。猫好きとしては、盆と正月がいっぺんに来たような心境です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…