不登校新聞

443号 2016/10/1

仕事をやめたほうがいいのかな?【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:13 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.9


 仕事をしているお母さんから、「子どもがたいへんな時期に仕事なんてしてていいんでしょうか? やめたほうがいいでしょうか?」と聞かれることがあります。

 私自身も10年前までは、正規の保育士として午前7時から午後7時までの時差勤務、夜の会議に土日の行事出勤と忙しく働いていました。子どもは、保育園っ子、学童っ子でした。夫はもちろん、子どもたちの理解と協力もあって働けていたと思います。

 そんななか、夫がうつ病で休職し、長男が高校に行けなくなるという事態になり、私は精神的にも肉体的にも無理に無理を重ね、ついに体調を崩し半年の休職をすることになりました。

 半年の休職期間中は、心身ともに余裕ができ、子どもたちともゆったり付き合え、不安定になっていた長男もずいぶん落ち着いて、いっしょに出掛けたりする時間も持てました。でも、半年はあっというまにすぎ、復職すると、また慌ただしい生活に戻っていきました。

 落ち着いていた長男の状態もまた少しずつ不安定になっていき、痛々しい息子をふり切るように仕事に行く日々が続きました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...