不登校新聞

443号 2016/10/1

仕事をやめたほうがいいのかな?【不登校Q&A】

2024年03月25日 15:20 by kito-shin
2024年03月25日 15:20 by kito-shin

連載「親のための不登校Q&A」vol.9

 

 仕事をしているお母さんから、「子どもがたいへんな時期に仕事なんてしてていいんでしょうか? やめたほうがいいでしょうか?」と聞かれることがあります。
 
 私自身も10年前までは、正規の保育士として午前7時から午後7時までの時差勤務、夜の会議に土日の行事出勤と忙しく働いていました。子どもは、保育園っ子、学童っ子でした。夫はもちろん、子どもたちの理解と協力もあって働けていたと思います。
 
 そんななか、夫がうつ病で休職し、長男が高校に行けなくなるという事態になり、私は精神的にも肉体的にも無理に無理を重ね、ついに体調を崩し半年の休職をすることになりました。
 
 半年の休職期間中は、心身ともに余裕ができ、子どもたちともゆったり付き合え、不安定になっていた長男もずいぶん落ち着いて、いっしょに出掛けたりする時間も持てました。でも、半年はあっというまにすぎ、復職すると、また慌ただしい生活に戻っていきました。
 
 落ち着いていた長男の状態もまた少しずつ不安定になっていき、痛々しい息子をふり切るように仕事に行く日々が続きました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「僕には何もない」大学卒業を控えて焦る不登校経験者に専門家がかけた言葉

593号 2023/1/1

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…