不登校新聞

450号 2017/1/15

不登校、親はいつまで待てばいいの?

2017年01月13日 15:12 by koguma


 無理に学校に行かせようとするのはよくない。それはわかりました。でも、子どもが動き出すまで、親はいつまで待てばよいのでしょうか――。不登校に関する取材を10年続けるなかで、よく聞くテーマです。そんな想いからソワソワしたり、イライラしたりするときには「小さな変化に注目してみる」というのが一つのコツです。
 
 ずいぶん前になりますが、新聞社にかかってきた電話で、中学生の不登校の子を持つお母さんと話したことがあります。不登校して2年以上経つが、本人に何も変わりがない。待てども暮らせども、学校に行くそぶりさえ見られないと。
 
 「学校に行くか行かないか」という大きな変化にかぎって見れば、たしかに変わっていません。でも、本当に何も変わっていないのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...