不登校新聞

450号 2017/1/15

不登校、親はいつまで待てばいいの?

2017年01月13日 15:12 by koguma


 無理に学校に行かせようとするのはよくない。それはわかりました。でも、子どもが動き出すまで、親はいつまで待てばよいのでしょうか――。不登校に関する取材を10年続けるなかで、よく聞くテーマです。そんな想いからソワソワしたり、イライラしたりするときには「小さな変化に注目してみる」というのが一つのコツです。
 
 ずいぶん前になりますが、新聞社にかかってきた電話で、中学生の不登校の子を持つお母さんと話したことがあります。不登校して2年以上経つが、本人に何も変わりがない。待てども暮らせども、学校に行くそぶりさえ見られないと。
 
 「学校に行くか行かないか」という大きな変化にかぎって見れば、たしかに変わっていません。でも、本当に何も変わっていないのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...