不登校新聞

307号(2011.2.1)

"わたしという宝もの"講師・松崎運之助さん他

2013年07月23日 15:03 by kito-shin
 2月11日、神奈川県川崎市にて講演会「わたしという宝もの」が開催される。主催はNPO法人フリースペースたまりば。

 講師に招かれているのは、松崎運之助さん。30年以上にわたって夜間中学校の教員として勤め、2006年3月に退職した。松崎さんは夜間中学校における自身の活動を『青春・夜間中学界隈』(教育資料出版界/1985年)などにまとめているほか、1993年に公開された映画「学校」(山田洋次監督)のモデルとしても取りあげられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...