不登校新聞

492号 2018/10/15

ひといき

2018年10月11日 12:14 by kito-shin



 「うちの子はゲームばかりで心配です」「ゲーム障害が心配です」という質問を毎回の講演後にお聞きします。

 私の勝手な仮説ながらゲームに没頭するのには3つの段階があります。

 第1段階は、ゲームでしか日々の不安が紛らわせない状態。第2段階は、ゲームによって日々の楽しみを見つけられている状態。第3段階は、ゲーム外の選択肢も含めて楽しみを見つけようとしている状態。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

494号 2018/11/15

立法チームでの議論 不登校の歴史vol.494

494号 2018/11/15

音楽を聴き倒したいので聴き放題【編集後記】

494号 2018/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...