不登校新聞

492号 2018/10/15

ひといき

2018年10月11日 12:14 by kito-shin



 「うちの子はゲームばかりで心配です」「ゲーム障害が心配です」という質問を毎回の講演後にお聞きします。

 私の勝手な仮説ながらゲームに没頭するのには3つの段階があります。

 第1段階は、ゲームでしか日々の不安が紛らわせない状態。第2段階は、ゲームによって日々の楽しみを見つけられている状態。第3段階は、ゲーム外の選択肢も含めて楽しみを見つけようとしている状態。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...