不登校新聞

511号 2019/8/1

ひきこもることで得られることとは

2019年07月25日 11:43 by kito-shin

 今年も夏休みを前にして、いじめ、いじめ自殺の報道が相次いだ。学校という子どもにとっての学びや生活の場で、人間関係のひずみが続いているようだ。

 いじめに出会ったら、学校から避難して家ですごしてよいことをどうして学校や教員はきちんと伝えることができないのか。

 自分の命をどうやって守っていくのか、それを子どもといっしょに考えていくことは大切なことだ。夏休み中は部活動などもあるが、命の危険を察したら、とにかく自分の命を守る行動をまっさきに取ってもらいたい。

 死にたいくらいなら、ひきこもれと大きな声で伝えたい。ひきこもることは命を守る大事な選択肢のひとつ。周囲もひきこもることへの理解をしてほしい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...