不登校新聞

511号 2019/8/1

「HSC」ひといちばい敏感な子、その親たちによる子育て事例が一冊に

2019年07月29日 16:29 by kito-shin

 

 現在、本紙で連載中の「HSCの安心基地」を執筆している斎藤暁子さんの書籍を紹介します。

 「Highly Sensitive Child」の頭文字を取った「HSC」は、アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン氏により提唱された概念で、「ひといちばい敏感な子」などと訳されます。

 非常に敏感で感受性の高い子どものことを指しますが、これ自体は障害や病気の名前ではありません。

 いわば、生まれつきの気質を表すものです。「HSC」の特徴として「音、におい、肌ざわりなどの刺激に敏感」「人が集まる騒がしい場所が苦手で疲れやすい」など、10の特徴が紹介されています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...