不登校新聞

511号 2019/8/1

「多様法のこれから」を議論 不登校の歴史vol.511

2019年07月25日 11:51 by kito-shin

 「教育機会確保法」は2016年5月審議未了で、6月には通常国会が終了した。秋までは、法案は動かない。

 7月に「不登校に関する調査研究協力会議」の最終報告が、前号まで紹介のように出されたが、法律を持ちこみ進めてきた、多様な学びをもっと認めてほしい市民団体からいうと、これではまだ現状が変わり得ない。

 そこで、2016年7月、早稲田大学で開催された「多様な学び保障法を実現する会」では、発足4周年記念公開イベントとして「多様法のこれから」と題する市民集会を開き、今後どうしたいか、どうできるかをおおいに議論した。

 この時点で「多様な学び保障法を実現する会」は、会員が全国447人、団体会員が21団体、フリースクール・居場所関係団体だけでなく、シュタイナー教育などオルタナティブ団体も多く参加し、この法律の行く末に、たいへん関心が高いと感じた。

 共同代表の汐見稔幸さんは「大きな視点でみれば、わが国の学校制度、学校そのものがしだいに多様化していかざるを得ないし、社会全体が地球規模の課題をたくさん抱え込むようになった現代、多様化の流れは歴史の流れであろう、差異を残しつつもその方向に駒を一つ進めよう」とあいさつした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...