不登校新聞

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

2020年09月15日 18:18 by kito-shin

 翻訳家・ライターの林真紀さんは、幼いころより母親との関係に苦しんできた。現在は、これまで向き合い続けてきた生きづらさについて書籍やネットなどで発信している。同じく母親との関係に苦しんでいる子ども若者編集部記者・ゆりなさんが取材した。

* * *

――ゆりなと申します。私は家族とたがいに充分な信頼関係が築けておらず、とくに過干渉な母との日々の生活は、心が押しつぶされそうになります。林さんも母親との関係で苦労されたとお聞きしましたが、どのようなご家庭だったのですか?

 私の家族は、「高学歴な学校に行かせれば、それで子育ては成功」という人たちでした。逆に言えば、「頭のいい学校へ行けなければ子育ては失敗」ということです。

 とくに母は何かにつけて人の話をするときは、学歴の話題を最初に持ち出すような人でした。私は「頭のいい学校に入らないと見捨てられる」、そう思ってずっと怯えながら生きてきました。

 家庭内での学歴差別もありました。兄弟でも頭のできがよければしっかり面倒を見るし、できの悪いほうは家の外では会話にも出さない。

 私は、そういうことを目の当たりにして生きてきたので、「差別する・される」現場を毎日、家のなかで見続けていたことは、深く心の傷として残っています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...