不登校新聞

538号 2020/9/15

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

2020年10月23日 10:20 by kito-shin
2020年10月23日 10:20 by kito-shin

 現在、息子はハタチです。学校や会社には所属せず、週4日アルバイトをしています。

 バイト以外の時間は家でゲームをしています。朝までゲームをしていた日も、遅刻もせず、休むことなくバイトへは行くので、えらいもんです。

 息子が不登校になったのは、中学2年生のとき。「明日から学校へは行かない」と言ったきり行かなくなりました。

 原因は担任からのいじめだとわかり、私自身とてもショックを受けましたが、息子は何も言いませんでした。

 その後、息子は高校に進学しました。出席日数は少なかったのですが、学校も責任を感じて推薦してくれたため、かんたんに入学させてもらえました。

 今考えると、これがよくなかったなあと思っています。

高校生活は少しずつ

 高校1年生のときは、本人もやる気になり、休むことなく勉強もがんばり、先生にもホメられ友だちもできました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…