不登校新聞

538号 2020/9/15

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

2020年10月23日 10:20 by kito-shin
2020年10月23日 10:20 by kito-shin

 現在、息子はハタチです。学校や会社には所属せず、週4日アルバイトをしています。

 バイト以外の時間は家でゲームをしています。朝までゲームをしていた日も、遅刻もせず、休むことなくバイトへは行くので、えらいもんです。

 息子が不登校になったのは、中学2年生のとき。「明日から学校へは行かない」と言ったきり行かなくなりました。

 原因は担任からのいじめだとわかり、私自身とてもショックを受けましたが、息子は何も言いませんでした。

 その後、息子は高校に進学しました。出席日数は少なかったのですが、学校も責任を感じて推薦してくれたため、かんたんに入学させてもらえました。

 今考えると、これがよくなかったなあと思っています。

高校生活は少しずつ

 高校1年生のときは、本人もやる気になり、休むことなく勉強もがんばり、先生にもホメられ友だちもできました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

子ども2人が不登校 宿題を無理強いさせたこと、後悔しています

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…