不登校新聞

292号(2010.6.15)

相次ぐ文科省への指摘

2013年11月06日 15:35 by nakajima_


 6月1日、フリースクール環境整備推進議員連盟が15カ月ぶりに再開された。この日は冒頭、新たに議連の会長となった小宮山洋子議員から「今後とも超党派で、環境整備推進に努めていきたい」とのあいさつがあった。この日は文科省から不登校、居場所に対する現状報告と、全国フリースクールネットワークからは議連への要望が訴えられた。フリースクール側からは、①高校無償化に伴う16~18歳の特定扶養控除の縮小、②フリースクールのみに通う高等部生への通学定期券適用、③公的支援などに対する要望が出された。出席した工藤健仁さん(17歳)は「学校外で学ぶこと、その気持ちを応援してもらいたい」など話していた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...