不登校新聞

290号(2010.5.15)

子どもの貧困 フリースクールでは②

2013年11月12日 15:58 by 匿名


 養育者の所得が子どもの生活費のほとんどの源泉であり、現在の日本では、義務教育課程の教材費以外の教育費については家計から支払われている。よって、フリースクールなどの学校外の居場所にかかる費用は家計から支払われているが、経済状況の低迷や所得格差などにより、子どもが「フリースクールに通いたい」と思っても、通わせることが困難になっている家庭が各地で多く存在すると思われる。私たちのクレイン・ハーバーにおいても、見学に来られた親御さんが、月謝に対して大きな負担感を抱いて帰られたまま、子どもさんを通わせていただくことに至らなかったケースが数件ある。また、子どもさんを通わせていたご家庭のなかでも、次のようなケースがあったので、紹介する。

 生活保護を受けながら

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...