不登校新聞

290号(2010.5.15)

子どもの貧困 フリースクールでは②

2013年11月12日 15:58 by nakajima_


 養育者の所得が子どもの生活費のほとんどの源泉であり、現在の日本では、義務教育課程の教材費以外の教育費については家計から支払われている。よって、フリースクールなどの学校外の居場所にかかる費用は家計から支払われているが、経済状況の低迷や所得格差などにより、子どもが「フリースクールに通いたい」と思っても、通わせることが困難になっている家庭が各地で多く存在すると思われる。私たちのクレイン・ハーバーにおいても、見学に来られた親御さんが、月謝に対して大きな負担感を抱いて帰られたまま、子どもさんを通わせていただくことに至らなかったケースが数件ある。また、子どもさんを通わせていたご家庭のなかでも、次のようなケースがあったので、紹介する。

 生活保護を受けながら

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...