不登校新聞

290号(2010.5.15)

「世間話研究会」を取材しよう!

2013年11月12日 16:00 by 匿名
2013年11月12日 16:00 by 匿名


 都内某所にて開かれた「世間話研究会」の定例会に行ってきた。
 
 世間話というと、私たちは近所のおばさんたちの井戸端会議や、友人たちとのとりとめのない会話を思い浮かべるが、それはちがう(と、言いつつ、取材陣も誤解してたが)。世間話研究会は、バリバリの民俗学(日本人の暮らしや文化を明らかにしようとする学問)研究会なのである。というのも「世間話」とは民俗学用語で、広い意味で「社会で行き交いする『話』」のことを指すからだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

590号 2022/11/15

人の目が怖くて不登校した僕が、路上マジックで成功した理由

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…