不登校新聞

290号(2010.5.15)

「水俣病訴訟はなんだったのか」 最首悟

2013年11月12日 16:05 by 匿名
2013年11月12日 16:05 by 匿名


3月29日、熊本地裁で和解協議が行なわれた。これにより、原告である水俣病と認められていない被害者でつくる「水俣病不知火患者会」と被告である国と熊本県、株式会社「チッソ」との和解が成立した。この一連の問題をどう読み解くのか。シューレ大学講師の最首悟さんに執筆していただいた。

 「公害について和解はあり得ない」とは原田正純先生の言葉です。自動車事故などで双方に程度の差はあれ落ち度がある場合に和解が提起されるのです。水俣病の被害者に落ち度はありません。だから裁判所が和解を提起するのは根本的にまちがっており、したがって和解によって水俣病問題は解決するはずがないのです。和解についてはこれだけにして水俣病という呼び名とその症状について少し述べます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…