不登校新聞

290号(2010.5.15)

「水俣病訴訟はなんだったのか」 最首悟

2013年11月12日 16:05 by 匿名


3月29日、熊本地裁で和解協議が行なわれた。これにより、原告である水俣病と認められていない被害者でつくる「水俣病不知火患者会」と被告である国と熊本県、株式会社「チッソ」との和解が成立した。この一連の問題をどう読み解くのか。シューレ大学講師の最首悟さんに執筆していただいた。

 「公害について和解はあり得ない」とは原田正純先生の言葉です。自動車事故などで双方に程度の差はあれ落ち度がある場合に和解が提起されるのです。水俣病の被害者に落ち度はありません。だから裁判所が和解を提起するのは根本的にまちがっており、したがって和解によって水俣病問題は解決するはずがないのです。和解についてはこれだけにして水俣病という呼び名とその症状について少し述べます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...