不登校新聞

594号 2023/1/15

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

2023年01月11日 15:23 by kito-shin
2023年01月11日 15:23 by kito-shin

 学校教育における「SOSの出し方教育」が推進される一方で、近年の子どもの自死は増加傾向にあり、不登校は統計開始以来、初めて20万人を超えた。大人は子どもの「助けて」という声を受けとめられているのか。そもそも、なぜ子どもは「助けて」と言えないのか。特別企画として、大学教授・精神科医・フリースクール関係者など、各分野の専門家が支援者と当事者に向けたメッセージをまとめた1冊を紹介する。

* * *

 2016年に自殺対策基本法が改正されたことを機に、学校現場において、いわゆる「SOSの出し方教育」と呼ばれる取り組みが推進されてきました。子どもからのSOSである「助けて」という声を大人は受けとめられているのか。そもそもなぜ「助けて」と子どもは言えないのか。子どものSOSを聞くために大人はどうすればよいのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親がするべきは「子どもを信じること」と断言する医師が解説する育児の具体的な方法

596号 2023/2/15

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…