不登校新聞

594号 2023/1/15

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

2023年01月11日 15:23 by kito-shin
2023年01月11日 15:23 by kito-shin

 学校教育における「SOSの出し方教育」が推進される一方で、近年の子どもの自死は増加傾向にあり、不登校は統計開始以来、初めて20万人を超えた。大人は子どもの「助けて」という声を受けとめられているのか。そもそも、なぜ子どもは「助けて」と言えないのか。特別企画として、大学教授・精神科医・フリースクール関係者など、各分野の専門家が支援者と当事者に向けたメッセージをまとめた1冊を紹介する。

* * *

 2016年に自殺対策基本法が改正されたことを機に、学校現場において、いわゆる「SOSの出し方教育」と呼ばれる取り組みが推進されてきました。子どもからのSOSである「助けて」という声を大人は受けとめられているのか。そもそもなぜ「助けて」と子どもは言えないのか。子どものSOSを聞くために大人はどうすればよいのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を頭でなく心で理解してほしい」専門家が架空の家庭の話を通して伝えたいこと

626号 2024/5/15

「ぼく…もう死にたい」小3の息子の不登校に向き合った元不登校のシングルマザーが語る戦いの物語

625号 2024/5/1

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…