不登校新聞

594号 2023/1/15

自信が持てないときの「音ゲーのすすめ」【不登校経験者コラム】

2023年01月11日 16:18 by kito-shin
2023年01月11日 16:18 by kito-shin

人間関係や勉強、将来など自分に自信が持てなくなったとき、不登校経験者の神内真利恵さんは「音ゲー」を勧めたいという。神内さんが感じている「音ゲー」の魅力とは?執筆いただいた。

* * *

 音楽ゲーム、あるいはリズムゲームというゲームジャンルをご存知だろうか。音楽に付随する指示に合わせ、タイミングよく体を動かしたりするゲームのことだ。有名な音ゲーである「太鼓の達人」では画面に表示されるタイミングに合わせバチで太鼓を叩き「ダンスダンスレボリューション」では自分の足元のパネルを踏んだりするのである。ちなみに私のお気にいりの1つは指を使ってプレイする「Arcaea(アーケア)」である。楽曲がスタイリッシュで、爽快感を感じられる。

 音ゲーにおいてレベルアップしていくのはゲームキャラクターではなく、自分自身だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いっしょにごはん食べないか?」高校3年間の不登校が終わるきっかけは父からのメールだった

596号 2023/2/15

「避難者であることを隠して生きよう」原発いじめに苦しんだ小学生の決断【全文公開】

596号 2023/2/15

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…