不登校新聞

283号(2010.2.1)

JDEC講演抄録② 不登校経験者・衆議院議員/寺田学さん

2013年12月12日 11:43 by kito-shin


 「日本フリースクール大会」のシンポジウム「今、日本の教育を変える」の抄録を掲載する。登壇者は教育評論家・尾木直樹さん、衆議院議員・寺田学さん。寺田学さんは、自身の不登校経験、民主党政権による不登校政策についてを語った。司会は本紙代表理事・奥地圭子。

(奥地)――私たちは学校復帰が前提の政策が変わってほしいし、事業仕分けにより、助成金もいただけません。民主党政権になって今後、不登校政策はどう変わるのか、寺田さんにうかがいたいと思います。

(寺田)
――長年続いてきた「学校が絶対である」という認識、そこに日本の教育が抱える問題の大きな根っこがあると考えています。

中2でいじめがあり不登校


 私は中学2年生のころに学年中からいじめられ不登校をした経験があり、死のうと考えたこともありました。その後、高校は進学校に通ったんですがほとんど勉強しませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...