不登校新聞

283号(2010.2.1)

JDEC講演抄録② 不登校経験者・衆議院議員/寺田学さん

2013年12月12日 11:43 by kito-shin


 「日本フリースクール大会」のシンポジウム「今、日本の教育を変える」の抄録を掲載する。登壇者は教育評論家・尾木直樹さん、衆議院議員・寺田学さん。寺田学さんは、自身の不登校経験、民主党政権による不登校政策についてを語った。司会は本紙代表理事・奥地圭子。

(奥地)――私たちは学校復帰が前提の政策が変わってほしいし、事業仕分けにより、助成金もいただけません。民主党政権になって今後、不登校政策はどう変わるのか、寺田さんにうかがいたいと思います。

(寺田)
――長年続いてきた「学校が絶対である」という認識、そこに日本の教育が抱える問題の大きな根っこがあると考えています。

中2でいじめがあり不登校


 私は中学2年生のころに学年中からいじめられ不登校をした経験があり、死のうと考えたこともありました。その後、高校は進学校に通ったんですがほとんど勉強しませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

「不登校」は心の問題なのか。河合塾講師が考えた末の結論

565号 2021/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...