不登校新聞

283号(2010.2.1)

不登校の歴史「学校生活への適応」

2013年12月10日 16:28 by kito-shin


 現在この連載は、2003年の「不登校問題に関する調査研究協力者会議」の報告書を紹介している。その後からいまにいたる不登校政策は、これに沿って行なわれているからである。

 前回、第4章「学校の取り組み」の前半(1)を紹介した。①校内の指導体制と教職員の役割の項目は(ア)学校全体の指導体制の充実=既述、(イ)コーディネーター的な不登校対応担当の明確化、(ウ)教員の質の向上、(エ)養護教諭の役割と保健室・相談室等、教室以外の「居場所」の整備、(オ)スクールカウンセラーや心の教室相談員等との連携協力、があげられている。

 (イ)では校内のさまざまな立場の教職員が一堂に介し、コーディネーターのもとに対応と役割分担を協議実行するにとどまらず、学校外のさまざまな機関や人とも連携する。「そのためコーディネーターは、全校的な立場で対応できる教員をあてることが望ましい」とある。

 私はわが子1人のために、こんなに大騒ぎは嫌だな、と感じた。行きたくない気持を学校が尊重してくれれば良いだけなのに、と。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...