不登校新聞

249号(2008.9.1)

声「波紋はいずれ…」

2014年08月07日 14:56 by nakajima_


 昨晩NHKで長崎の特集をしていて、思わず涙しました。「解かれた封印~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~」というドキュメンタリー。じつは、佐賀合宿の前に5人で長崎にも寄って観光し、原爆資料館や、テレビで紹介された「ジョー・オダネル氏の写真展」なども見てきました。

 原爆資料館では 小4で被爆したボランティアガイドのおじさんが話をしてくださいました。写真展のなかには、小さい弟(死んでる)を背中におんぶして、口をへの字にして、どうしようもない悲しみに耐え、直立している男の子の姿など。じっと見ていると、心に迫るものがありました。

 その時期、佐世保に原子力空母が来ていたので、原爆資料館や町には外国人たち(アメリカ兵かも?)があふれていましたが、彼らはどういうふうに受けとめたのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...