不登校新聞

249号(2008.9.1)

第8回 べテル式親離れ

2014年08月07日 14:44 by nakajima_

連載「日々発見」


 前回は、今、べてるの当事者研究という活動の中で、一番旬な研究テーマが「親依存の研究」で、35年間、母親から2m以上離れたことがない経験を持った青年を中心に研究がはじまっていることを紹介しました。

 彼も今は無事に親離れを果たし、べてるの活動に参加しています。そのように、親はさまざまな事情から爆発やひきこもりを余儀なくされるわが子を可能なかぎり抱え込み、「終わりなき子育て」のなかで、疲弊していきます。

 その「親依存の研究」のなかで浮かび上がってきたのが、「親の子ども依存」です。それは、30歳を過ぎても生まれたばかりのわが子を、はじめて腕に抱いたときの感覚で"子育て”してしまい、とくに母親が、自分の苦労と子どもの苦労とがいっしょくたになり、抱え込みすぎが起こります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...