不登校新聞

249号(2008.9.1)

論説 不登校は命の非常口 内田良子

2014年08月07日 14:51 by nakajima_


 とうとう夏休みが終わってしまいました。例年、9月1日前後には全国各地で子どもが自ら命を断ったという、悲しい報道があります。98年に不登校新聞が創刊されたのも、2学期が始まるのがつらくて命を絶つ子どもたちの死を何とかくいとめたいという願いをこめてでした。発刊以来、10年が経ちました。子どもたちは学校を休みやすくなったでしょうか。残念なことに、学校は文科省の不登校対策の強化で、ますます休みにくくなりました。

 民間病院の心理室で登校拒否の子どもと出会ってから、30年以上たちますが、当時から今日に至るまで、学校というシステムがあわなかったり、いじめなどの人間関係で傷ついた子どもたちにあらわれる心とからだの変調は、少しも変わりありません。「学校へ行くのが子どもの義務」と誤ってすりこまれている多くの子どもたちは、学校を休みたいとは言えません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

論説 見つめるべき課題 明橋大二

205号 2006.11.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...