不登校新聞

223号 2007.8.1

緊急集会 『想定外』地震が原発を

2015年02月24日 14:35 by 匿名
2015年02月24日 14:35 by 匿名
  07年8月2日、東京千代田区の総評会館にて緊急集会「『想定外』地震が原発を襲った~柏崎刈羽から現地報告」(原子力資料情報室主催)が開かれる。講師には武本和幸さん(原発反対刈羽村を守る会)が招かれ、現地の状況を報告する。

 東京電力・柏崎刈羽原発では、7月16日、新潟県中越沖で発生した地震(マグニチュード6・8)による影響で、運転中の3、4、7号炉と調整運転中の2号炉が自動停止した。そのほか、変圧器から火災鎮火に2時間を有する、使用済み核燃料を冷却するプール水が海へと流れ出すなど、7月19日現在、東京電力のまとめによると63件の不具合が確認され、今後さらに増える見通しだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

ホームエデュケーション家庭301世帯を調査 月額費用や困りごとは

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…