不登校新聞

334号(2012.3.15)

不登校の歴史 第334回

2013年07月30日 14:47 by kito-shin

自分たちで創る学校




 フリースクールから「学校」を創ることになった。しかし、どうやって創るのだろう。何もかも初めてである。必要なことを根気よく積み重ねていくしかない。そして、子どもにとってどうか、を忘れちゃいけない。
 
 学校なんて、誰でも知っている気になる。みな、小・中学校を経験し、多くは高校にも行き、親もPTAで出入りしている。私は、学校のなかで22年間も働いていた。しかし、用意された器のなかで、与えられた仕事をこなしていたにすぎなかった。もちろん創造的な授業をし、型破りな学校経営をし、評価を変え、ということをいろいろやっていたけれど、器のなかであった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...