不登校新聞

411号 2015/6/1

時給ひきこもり2000円「精神科医療、私が気を付けてること」

2015年05月29日 11:49 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.5


 今日は自分がお世話になった支援、とくに精神科医療について書いてみます。病院についてはみなさんの関心が高いようで、講演会などでもよく質問されます。ただし、僕が書けるのは僕が経験した支援にかぎられますので、その点だけはご留意ください。
 
 僕が精神科医療を活用して、とてもよかったことのひとつは、自分の状態がきちんと理解できたことです。「自分の状態がなんなのかわからない」というのが、それまでの僕の困りポイントでしたから、専門家の目からそこを客観的に示してもらえたのは何より助かりました。自分の現在地が把握できたことで、どっちに向かって歩いていけばいいかも、おのずからわかったというわけです。
 
 よかったことの2点目は、自分の状態について、否定的なまなざしを向けられなかったこと。これは密かに大きいです。どうしたらよいのかわからなくて困って医者に行ったのに、そこで「ただたんに甘えているだけでしょ」みたいなことを言われたら立ち直れません。専門家から「甘えや怠けではない」とハッキリ言ってもらえたのは安心したし、非常に励みにもなりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...