不登校新聞

411号 2015/6/1

新連載「親は笑っていればヨシ!」田口ランディ

2015年06月30日 12:57 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!vol.1


 地元の湯河原で発達障害の家族会「色えんぴつ」を立ち上げたのが2009年のこと。やっと社会的な認知度が上がってきた発達障害だが、当時は「それって何?」と言われることのほうが多かった。
 
 たまたま、私の大親友(中谷恭子先生)が発達障害の事例研究をしている臨床心理士で、発達障害という名称がつく以前から、コミュニケーションの仕方が生まれつきちがう子どもたちがいることに着目していた。彼女から話を聞いていたものだから、夫が小学校のPTA会長になったとき、不登校の児童のなかには発達障害の子がいるのでは、と思い、講演会を企画した。
 
 このとき、多くのお母さんから「もしかしてウチも?」と、講演後に相談を受けた。お母さん方の要望で「色えんぴつ」の活動が始まった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

最終回 親は笑ってればヨシ! 田口ランディ

422号 2015/11/15

田口ランディ流 怒りの対処法

421号 2015/11/1

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...