不登校新聞

415号 2015/8/1

記者コラム 追悼 心の師、哲学者・鶴見俊輔さん

2015年07月29日 13:05 by kito-shin
2015年07月29日 13:05 by kito-shin


 報道によると7月24日、哲学者・鶴見俊輔さんが亡くなった。93歳だった。『不登校新聞』では、1999年に鶴見さんに取材をしている。
 
 そのころ僕は高校生。鶴見さんの大ファンだった社会科の教師が、よく文章を紹介してくれていた。自分の思いを言葉にすることができなず、モヤモヤしてくすぶっていた僕にとって、鶴見さんの文章はそのモヤモヤを代弁してくれているように思った。言葉にならない僕の気持ちに、鶴見さんが道筋をつけてくれる。「この人は僕の味方だ」と、僕は鶴見さんと自分を同一視していた。そして、大ファンの教師に「会いに行こうよ」と提案し、6人ほどで埼玉から京都のご自宅まで会いにいった。それも1999年だ。
 
 その後の鶴見さんとの関わりについて、告白しなくてはならないことがある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

編集後記

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…