不登校新聞

415号 2015/8/1

記者コラム 追悼 心の師、哲学者・鶴見俊輔さん

2015年07月29日 13:05 by kito-shin


 報道によると7月24日、哲学者・鶴見俊輔さんが亡くなった。93歳だった。『不登校新聞』では、1999年に鶴見さんに取材をしている。
 
 そのころ僕は高校生。鶴見さんの大ファンだった社会科の教師が、よく文章を紹介してくれていた。自分の思いを言葉にすることができなず、モヤモヤしてくすぶっていた僕にとって、鶴見さんの文章はそのモヤモヤを代弁してくれているように思った。言葉にならない僕の気持ちに、鶴見さんが道筋をつけてくれる。「この人は僕の味方だ」と、僕は鶴見さんと自分を同一視していた。そして、大ファンの教師に「会いに行こうよ」と提案し、6人ほどで埼玉から京都のご自宅まで会いにいった。それも1999年だ。
 
 その後の鶴見さんとの関わりについて、告白しなくてはならないことがある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...