不登校新聞

415号 2015/8/1

かがり火 選挙権引き下げ、だまし絵のように少年法も

2015年07月29日 12:20 by kito-shin



 選挙権をもつ年齢を20歳以上から18歳に引き下げる公職選挙法などの改正が行なわれた後、自民党「成年年齢に関する特命委員会」で少年法の適用年齢を現在の20歳未満から18歳未満に引き下げる改正が検討されている。

 諸外国には18歳で成人とする例も多く、18歳から選挙権を認めるなら、犯罪についても少年法の保護処分の対象年齢を18歳未満に引き下げ、18歳以上を成年として一律刑罰対象にする法改正は自然と思われるかもしれない。

 しかし、選挙権と少年法を18歳で組み合わす議論には「だまし絵」のようなトリックがある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...