不登校新聞

415号 2015/8/1

デモクラティックスクール・つながるひろば 設立

2015年07月29日 15:13 by kito-shin



 今年4月、栃木県で設立された「デモクラティックスクール・つながるひろば」。立ち上げた宇賀神雄太さんに設立経緯を執筆してもらった。

 一人ひとりが持ち味を発揮し合い、自分の人生を喜び合える社会になってほしい。これが私の大きな願いであり、「デモクラティックスクール・つながるひろば」を立ち上げようと思ったきっかけです。私は、大学時の教育実習で毎日、指導教員から怒鳴られ、ときには刃物を含む物を投げられた経験があります。それから何年間かは、とくに教師に対して自分の意見が言えず、人の顔色をうかがいながら、自分のいない自分を生きてきました。つねに人から怒られる恐怖を感じており、生きた心地が得られない時間が続き、突発性難聴になります。それを機に、これまで自分が受けてきた教育をふり返り、一人ひとりの持つ興味関心を深め、個々のユニークな持ち味が子どもたちの学び合いのなかで、社会のなかで誰かの役に立ち、響きあえたら、生きること・学ぶことに喜びを感じられるのではと考えるようになりました。さらにはおたがいがよりよく生きるためには、一人ひとりのちがいを認め、受けいれ合う民主主義の集団決定も大切です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...