不登校新聞

300号(2010.10.15)

「私たちの現在地」伊藤書佳さん(41歳)

2013年05月28日 16:03 by kito-shin
 学校基本調査によれば、現在、不登校をしている児童生徒はおよそ12万人。不登校の児童生徒が増え始めたのは1975年ごろからだが、その当時は1万人あまりだった。それから30年以上がすぎたが、不登校をめぐる状況は、当事者にとってどのように変化してきたのか。10代、20代の当事者、40代の不登校経験者であり、不登校の子を持つ母親にお話をうかがった。

"学校外を一生続けたい”伊藤書佳さん(41歳)


――伊藤さん自身も息子さんも不登校だとお聞きしていますが?
 私が中学2年生から、息子は小学校6年生の途中からほとんど学校に行っていません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

556号 2021/6/15

発達障害のグレーゾーンかもしれない僕。見つけた生きるヒント

556号 2021/6/15

「握った手がほどけない」不登校の子が登校時に感じた緊張感

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...