不登校新聞

300号(2010.10.15)

「私たちの現在地」伊藤書佳さん(41歳)

2013年05月28日 16:03 by kito-shin
 学校基本調査によれば、現在、不登校をしている児童生徒はおよそ12万人。不登校の児童生徒が増え始めたのは1975年ごろからだが、その当時は1万人あまりだった。それから30年以上がすぎたが、不登校をめぐる状況は、当事者にとってどのように変化してきたのか。10代、20代の当事者、40代の不登校経験者であり、不登校の子を持つ母親にお話をうかがった。

"学校外を一生続けたい”伊藤書佳さん(41歳)


――伊藤さん自身も息子さんも不登校だとお聞きしていますが?
 私が中学2年生から、息子は小学校6年生の途中からほとんど学校に行っていません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...