11月28日(土)、「フリースクールフェスティバル2015」(以下、フリフェス)が東京・葛飾区の「東京シューレ葛飾中学校」にて開催される。
 
 毎年行なわれているこのイベントは、いわば「フリースクール版文化祭」。主催団体である「フリースクール全国ネットワーク」に加盟する全国のフリースクールが一堂に会するイベント、という点が特徴だ。また、入場無料で誰でも参加することができるので、大人・子どもを問わず「フリースクールを知りたい」と思っている方にはおすすめ。
 

おばけ屋敷 子ども市など

 
当日は、「子ども市」や「カフェ」「燻製Bar」などの食事のできる催しのほか、「ライブハウス」や「ステージ発表」「おばけ屋敷」なども企画されている。ほかにも「ゲームコーナー」や「イラストコーナー」もあるので、同じ趣味を持つ人どうしで交流することもできる。
 
 また「こどもそうだん室」は、フリースクールに通っている子ども自身に直接相談できるというコーナーだ。不登校の子どもをもつ親の方は、ぜひふだん抱えている悩みを相談してみてほしい。子どもの側から語られる回答は、きっと参考になるはずだ。
 
 今回、フリフェス実行委員長を務めるのは木下わか菜さん(18歳)。小学2年~6年生までいじめを受け、中学校から「東京シューレ葛飾中学校」に入学、現在は「フリースクール東京シューレ」に所属している。
 

私たちの場所 もっと楽しく

 
 今回のフリフェスのテーマについて話を聞いたところ、「今回のテーマは『学びを塗りかえなイカ?フリースクールレボリューション』です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。