不登校新聞

421号 2015/11/1

妖怪キャラに問われた人生哲学

2015年10月29日 14:55 by kito-shin


 最寄駅に『妖怪ウォッチ』のポスターが貼ってある。そのなかに、ネコ型キャラクターのジバニャンが電車の座席に座っている2枚の絵が描かれている。一枚は静かに座っている絵、もう一枚は楽しそうにはしゃいでいる絵。そしてポスターのジバニャン曰く「いいオレっちはどっちニャ?」。
 
 僕は一目見て、「これは難問だな」と思った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

553号 2021/5/1

森の喫茶店 第553号

553号 2021/5/1

ひといき

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...