不登校新聞

421号 2015/11/1

第421回 フリースクールと高校の連携

2015年10月29日 14:46 by kito-shin



 フリースクールに通いながら、高校卒業資格をとれるようにする、というのは、一見矛盾のように見えた。
 
 フリースクールは学校外の場であり、高卒資格は学校制度をクリアすることで得られる資格だから「子どもが戸惑うのではないか」「混乱するのではないか」「やはり、学校は行くべきというプレッシャーを受けて、苦しい子が出るのではないか」。そんな懸念も出され、それについての議論をかなり行なった。子どもも大人もだった。
 
 「自分なりのやり方で勉強をしたい子はフリースクールを辞めないですむのがいい。」「慣れたスペースのなかでスタッフが教えてくれるならできそう。」しかし、別の子は「高校の勉強なんてしたくない、フリースクールのなかで高校の勉強が始まったら空気が変わるんじゃないか。」という。やりたいことを講座にしたり、「いろいろタイム」でさまざまなところに出かけているが、「そのフリースクールの学びと高校の学びってどうちがうんだろうか、知りたい、考えたい。」「フリースクールでも以前から『英語講座』はある、その中身は高校の英語の授業とも、そんなにちがわないのではないか。」「フリースクールで楽しくやっていることが高校の単位になるといいなあ。」「それってできるんじゃない。教育提携する相手の高校が問題だね。」そんな話をいろいろとしあった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...