人生で出会える数少ない知己。渡辺位さんは、片想いだが、筆者にとって己を知る心の眼を開いてくれた人だ。

 小学校での陰湿ないじめに傷つき、中学校で不登校をした息子を受けとめることができないで、暗闇をさ迷っているような時期に退職して、無職自由の身になったとき、渡辺位編著『登校拒否・学校に行かないで生きる』に出会った。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。