京都府の丹波ナチュラルスクール事件と、その後のフリースクールの動きについて、本紙通信員が執筆した。

 どうしてなんだろう? フリースクールに逆風?

それがどうした。順風を期待していたのか。どうなってるんだ。あんなところはフリースクールじゃない。自分のところこそがフリースクールなのだというおごりか、それとも正気か。だれに声明を出すというのか。ぼくらのフリースクールとは関係ないと世間に発表したいのか。ぼくらは小さいね。なにをそんなに敏感に反応しなければならないの。じっと耐えてきたことを忘れたのか。それほど世間の理解が進んだとでも言いたいのか。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。