不登校新聞

251号(2008.10.1)

遊々自適「ただ生きてるだけで賢くなる」

2014年07月17日 15:17 by nakajima_
 この秋「高校卒業程度認定試験」を受けようと最近、勉強とゆーものをしています。これを取ると、保育士さんなどの資格試験、大学が受験できるようになります。

 私は小学校入学式の翌日から学校に行かず、その後も家でのんびり遊んで育ちました。ですので、学校でいうところの「勉強」なんて、生まれてこのかた、一度もしたことがありませんでした。でも、21歳の今まで、なんにも困らず暮らしてきましたよ。

 さて、そんな私が勉強をしようと思ったら、どうするか?―なんと、今や驚くべきことに、図書館に行けば『小中高の計算がまるごとできる』『観察でわかる生物学中学理科を完全マスター』など、「世の人に判りやすくわかってもらおう!」という、つくり手の気概にあふれたわかりやすい本がたくさんあるのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...