「レトルトパウチな(あてがわれたような)生死観で物を言う資格はないかもな」――死に対する憧れが強く、殺しや自殺、「死」の描写のある文学や芸術にハァハァしていたある日、そう思った。そんなとき、この企画への声がかかった。一つの命が食肉に至るまでの過程を知り、「生」について考える企画だそうだ。「死」を考えるとき「生」を抜きには考えられない。自分の死に対する気持ち、憧れ、興味、それらは死を知らないからこそのファンタジー趣味なのだろうか。なにしろ身近な人が死んだこともない。自分の死に対する感覚は未成熟で幼稚かもしれない。これは一つのコンプレックスだった。よし、やろうじゃないか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。